娘氏とのゴールデンウィーク

ヒヨコ

初めてのプランニング

娘氏が高校生になってからは、ゴールデンウィークに部活の部員全員のために『必勝お守り』を作るので、私もそれを手伝って娘氏と一緒に手芸をするのが恒例行事となっていました。
今年は各学年1人ずつの3人の部員で手分けをして約30個『必勝お守り』を作成することとなり、娘氏が責任者として『inゼリー(旧:ウィダーインゼリー)』『in』のロゴを『win』に変えたミニチュア版をフェルトで作ることになりました。
初めてプランニングを任され、チームで『ものづくり』を展開するのは大変なことですし、仕事を振るときは時間に余裕を持たせないと仕上がりが雑になったり、期日までに完成できずプラン自体が頓挫してしまったりするリスクがあるので準備は早すぎるくらいから始めた方がいいのですが、慣れないので苦戦しているようでした。

 

力作の型紙

数日後、娘氏がインターネットで情報を集めて自力で作った型紙を私に差し出し「この形にフェルトを切ってパーツを作るの手伝って」と言ってきました。
私は「手伝うのはいいけど、まずは本当にこの型紙で思っているデザインになるのか試作品を作って確認してからじゃないとパーツ作りは始められないよ。」と教え、その型紙どおりにフェルトを切り抜いてザックリと縫い合わせた試作品を作ってみました。
すると、型紙の形寸法の修正が必要なパーツがあることと、2枚に別れている型紙を繋げて1つの型紙にすることで縫い合わせる箇所を一つ少なくできることがわかり、さっそく娘氏は合理的かつ正しい寸法の型紙を各3つずつ作って、1年生と2年生の部員にも渡して各自でパーツを切り抜いて準備するよう伝えていました。

オカメインコ

恐るべしJK(女子高生)

限られた日数で慣れない縫い物をして『必勝お守り』を完成させるには、ある程度デザインを簡易化して作業を減らす必要があります。
私は「学年別に色違いにしないで同じ色で作ったら?」とか「裏側には部員のイニシャルじゃなくて学校のイニシャルで統一したら?」とか「部員のイニシャルにするなら1文字にしたら?」とか「イニシャルは縫い付けじゃなく、ペンで書いたら?」とか「渡すのは大会当日にしたら?」とさりげなく現実的な打開策を提案してみました。
ですが「納得のいく可愛いお守りを作って、気合が入るように大会の数日前には渡したい!」というJK(女子高生)たちのキラキラした情熱と、それを仕上げるのにどれだけの手間と時間が掛かるのかをまったく理解していない未熟な無邪気さで私の案は即座に全部却下され、私はただただ絶望に震えました。

 

女神アピール

学校では授業と部活、家では宿題や勉強に忙しく、3人とも縫う作業があまり進んでいないようでした。
突然、1年生の部員が家の事情でお守りを作る時間がとれなくなるという予期せぬ事態となり「どうしよう、完成が間に合わなくてお守りが渡せない・・・」と娘氏は途方に暮れていました。
当所から「この調子だと最終的に約30個のお守りを私と娘だけで(主に私が)縫うことになるかもしれない」最悪のケースも想定して覚悟を決めていた私には「1年生の分も引き受けて合計20個程度なら予想より少ないじゃん」という感じでした。
この機会に母親の偉大さをアピールすべく、私は「もぉ、わかったよぉ。ママが全力で手伝って助けるから!」大袈裟に励まし「大丈夫、力を合わせて1年生の分も作ってピンチを乗り越えようね!」優しく微笑んでみせました。
きっと娘氏の目に映る私は女神のようだったことでしょう。
フフフフフ。

エナガ

努力の賜物

小さなお守り20個程とはいえ縫う箇所が細々と多く、飲み口の立体的なパーツキーホルダーの金具をつける作業もあるので夜中の2~3時まで作業をする日が続き、私はドリンク剤を飲みながら気力を振り絞りました。
仕事から帰ってからも遅くまで作業をし、次の日もまた出勤するのはハードクタクタに疲れましたが、娘氏と同じ目的のために作業をして一緒に過ごすひとときは価値のある楽しい時間でした。
2年生の部員もお母さんに手伝ってもらいながら自分のノルマ分を期日までに完成させてくれたので、今年も大会に向けた『必勝お守り』を部員全員に無事に渡すことができました。
妥協しなかったデザイン可愛いお守りはとても好評で喜ばれたとのことで、信念を貫いたJK(女子高生)たちそのお母さんたち努力が報われて何よりだと思いました。

 

娘氏の素敵な成長

1年生と2年生の部員に作業の指示進捗確認のために連絡する際「ねぇ、この言い方って相手にプレッシャーになっちゃう?」とか「もっと他の言い回しの方がいいかな?」と娘氏が相談してきたので、私はアドバイスをした後で「学校で先輩や後輩の間でもハラスメントとか問題になってるの?」と訊ねました。
すると娘氏は「そういう訳じゃないけど、自分の言い方のせいで相手が嫌な気持ちになったり追い詰められたりするのって普通に良くないじゃん。無神経な態度で無駄に相手を傷つけるのは人としてダメでしょ。」と、清々しいほどにキッパリと即答しました。
そんな娘氏の姿を見て私は、相手のことを気遣った言動を心掛けられる優しい人間に育ってくれていることに感動し娘氏を心から誇りに思いました。
人の長所は様々ですが、私は娘氏のそういう素敵なところがたまらなく大好きなのです ❤(めっちゃタイプ ← そういうコトじゃなく)

インコ

結果オーライな連休

今年のゴールデンウィーク娘氏の下僕として縫い物に明け暮れ、無謀なプランニングに振り回されコキ使われて終わりましたが、一緒の時間を過ごすことで娘氏の素晴らしい成長を知ることができた感慨深い連休でした。
私は細かい作業集中するのが好きで、お裁縫WEBページのコーディング没頭しているとストレスが解消されます。
今回は、時間に追われお酒を飲む余裕ゆっくり食事をする暇もなかったからか、ストレス解消となる作業をしながら知らない内に1キロ痩せていて何だか得した気分でした。
一番太っていた頃から現在までで4キロ減ったので、これを機会に糖尿病予防のためにも更に体重を落としたいところです。
(だいぶ太り過ぎたので10キロぐらい痩せないと糖尿病予防にならないレベルなのですが (´∀`*ゞ) テヘッ

 

季節の変わり目で気温差が激しい昨今、皆様どうぞ健康管理にお気を付けくださいませ ★