思考範囲の大切さ


危険な決めつけ

思考範囲経験や知識の引き出しの多さは生き力に繋がりますが、パターン化された生活を繰り返す日々を送っていると、せっかくの広い視野が自分を取り巻く小さな世界の中で感化され、思考の幅が狭くなってしまいがちです。
何か一つの事柄について「考えられるのはこれしかないだろう」と自分が思いつくこと以外は絶対にないと思い込んでしまうと、せっかくの善意からの言動が良くない方向へ進んでしまうことも多々あります。
例えば「健康面で心配だから痩せた方がいい」というアドバイスは至極当然で好意的な気遣いに聞こえます。
太った原因が惰性的な不摂生だったとしたら、それは生活習慣に喝を入れて正しく導くアドバイスになるのでしょうが、ポイントは太る原因が不摂生だけとは限らないということです。


様々な理由

太る原因には薬の副作用や、個々に差が出る年齢的な変化、家系的な体質の他に、ストレスで精神的に追い詰められ、飲食でなんとか精神状態を保っているというケースも考えられます。
私が思いつくのはこれらのことですが、考えられる原因は他にもあると思います。
何パターンもの原因が考えられるのに、一方的に「自己摂生ができてないのはダメ!」と強めの調子で「痩せた方がいい!」と言って、実は相手には病気など特別な理由があったとなると、そのアドバイス無神経な発言になってしまうのが心配です。
特別な理由があるならそれを明かせば終わる話とも思われますが、自分の身体に関することを他人に話したくない人もいるので、思うほど簡単ではないのです。


複数の想定と必要性

何らかの特別な理由を話すことになった場合「余計な健康アドバイスさえなければ個人的なことを話す必要なんてなかったのに・・・」迷惑に思う人もいるでしょうし、理由を打ち明けたくなくて黙っていた場合、事情を知らない相手から何度も「痩せた方がいい」と繰り返され嫌な気持ちになる人もいるでしょう。
太った原因がストレスで、アドバイスをしてるその人がストレスの種だった場合は「実はあなたがストレスで・・・」とは言えず、更なるストレスで苛立つのではないでしょうか。
このように、他の想定を考えずに「身体のことぐらい誰にでも話すのが普通」と決めつけて発言してしまうと、せっかくの善意裏腹な結果に繋がる恐れがあります。
個人的な事柄はハラスメントになるので触れないのが無難ですが、口にする際にはまずいろんなケースを想定して考えてみることが必要じゃないかと思います。


単純ではない現実

先日、インターネットで「ひとり親なのは自己責任」という言葉を目にしました。
ひとり親になる経緯はドラマによくあるような話だけではなく人それぞれなのに、何を持ってそんなことを言うのだろうと私は驚きました。
死別した人だっているでしょうし、子供を暴行性暴力、その他の悪影響から守るために決別した人もいるでしょう。
幼い子供が障害児と診断された途端に世間体のためお金だけ渡して縁を切る親、借金を残して無責任に消える親、犯罪者として逮捕される親、子供に犯罪を強いる親、激情して子供の幼稚園や小学校で暴れる親、いろんな酷い親が実在します。
全ての人が何でもオープンに話す訳ではありませんから、語られず誰の耳にも入らない事実もあると考えるのが妥当なのに、自分が知り得ない話は現実ではないという狭い思考範囲で他人のことを悪く決めつけるのは乱暴な行為だと思います。


『社会的ないじめ』

発信されて誰かに伝わる話だけが真実ならば、情報を操作してバラまく人の作り話が真実で、沈黙を貫く人には真実など一つもないということになり、それは非常に愚かな解釈だと思います。
情報の見極めができないでいると、誰かの悪意に利用され、知らないうちに自分も共犯となることもあるので、何でもむやみに信用するのは危険です。
ひとり親を自分の勝手なイメージ憶測して言いふらす人、それを鵜呑みにしてしたり顔見下す人も実在します。
どんな成り行きであれ、それぞれの事情を抱えながら、ただでさえ大変な育児を一人でやり繰りしている世の中のひとり親を『自己責任』という言葉で否定して『ひとり親であること=ダメなこと』という偏見差別するのは『社会的ないじめ』に思え、残念な気持ちになりました。


思考範囲の大切さ

知識経験値は人によって違い、知っているから偉いとか知らないから不幸という訳ではありません。
ただ大事なのは「こうとしか考えられないだろう!」狭い思考範囲で決めつける前に「自分の中で思い浮かぶのはこれぐらいだけど、他にもいろんなケースや考え方があるかもしれない・・・」という気持ちで見つめ直すことだと思います。
思考範囲考え方の傾向自分を取り巻く環境に大きく左右されがちで、特に差別偏見など、悪い影響ほど容易く伝染するものです。
偏見を持たず、実際に自分が接した印象やそのときの様子をもとに相手を理解できていた人でも、他人の噂話が大好きで悪口で盛り上がるためなら事実なんかどうでもいいという人の側にいると、よほど芯の強い人間でない限り惑わされてしまします。


悪い影響

公正な判断ができていた人でも、噂話悪口に参加はしなくとも、周りから伝わる無責任な情報を多く耳にするうちに、自然とその情報で他人のことを知ったような感覚になり、怖いことに自分のそんなマイナスの変化に気づかないまま、それがいつしか自分の『他人を知る術』として定着してしまいます。
情報通で、常に情報の中心でいたい人たちというのは、誰かが傷つくことや誰かに迷惑をかけることをまるで気にせず、平気で話を作り情報操作をします。
そして「あたなにだけ特別に・・・」という魔法のワードと一緒に誰かの情報を提供することで相手に心を開かせ、他の人やその人自身の新たな情報を引き出し、今度はその情報を持って別の人のところへ行くという行動をひたすら繰り返すのです。

『劣等感』という呪縛

ですから私は『情報通』な人間ほど信用せず、近づいてこられたら天気や食べ物のどうでもいい会話で切り返して、なるべく関わらないようにします。
噂話や情報の中心にいる人間が唯一悪く言わないのは自分自身のことだけで、周りの人間のことは一番仲の良い噂仲間や自分に目をかけてくれている上司先輩のことでさえも必ず悪く言うので、そういう人間に特別扱いされて真に受けるのは間違いです。
誰かの悪口を言うことで結ばれた関係性は負の財産にしかなりません。
噂話悪口でしか他人とコミュニケーションがとれない人は、心に劣等感を抱えているから、他人を貶めて嘲笑うことで自分が優位に立とうとするのでしょうが、そんな行為は自分をどんどん醜くするだけで、結局は自分の首を絞めることになります。


与えられたギフト

誰にでも必ず天性の魅力があると私は思っています。
自分の魅力に気づいて自分自身を肯定することができない限り、ずっと負のスパイラルに捉われ続け、どんなに充実しているように見せても心が貧しいまま歳を重ねることになってしまうので、天性の魅力という与えられたギフトを良い方向へ活かして欲しいと思います。
周りの目は意外と鋭く厳しいので、他人の評判が落ちるよう吹聴する人、上や外部への善人アピールばかりで自分より下の立場の人には横暴な人は、自分では上手く立ち回って高評価されているつもりでも、実際は軽蔑されているものす。
誰かと出会うほどに愛想笑いの下で実は自分を軽蔑している人間が増える人生なんて虚しいので、自分に与えられた魅力を味方につけて自身の歪んだ心に打ち勝って欲しいと思います。


負の落とし穴

劣等感というのは誰かと比べて優劣をつけ羨ましがるから生まれる感情なので、まずは誰かと比べるのをやめる穏やかな気持ちになれます。
他人と比べたところで、自分の寿命経済環境、その他の事柄が変わる訳でもないのに、一体なぜ他人と比べる必要があるのかと私は思います。
もし、つい誰かと比べてしまったときは最後に「比べたところでどうなる訳でもないのに、バカバカしい!!」と、笑い飛ばして無かったことにするのが効果的です。
『他人と比べる』以外にも負の落とし穴は日常の至る所に存在します。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で何かと大変なこの時期は特に、思い通りにいかず気分が滅入ることも多いかもしれません。
だからそんなときこそ、うっかり負の落とし穴にはまり心が捉われてしまわないように、私はなるべく笑って生きていこうと思います。